Menu

アスベスト除去

Home

アスベスト除去

アスベスト含有保温材除去工事作業工程フローチャート(一例)

看板等の表示     看板等の設置    
           
高性能HEPAフィルター付
真空掃除機
    事前清掃   粉塵濃度測定
(工事着工前)
     
      単管仮設の設置  
床:プラスチックシート2枚重ね(0.15mm)
壁:プラスチックシート1枚重ね(0.1mm)
天井:プラスチックシート1枚重ね(0.1mm)
         
    作業区画内養生    
 
         
      セキュリティールームの設置    
           
      検査    
           
 






 










           
            飛散防止剤の散布
(EPA-55)
   
             
        アスベスト含有保温材の除去   粉塵濃度測定
(処理作業中)
     
   
        アスベスト含有保温材の処理  
             
        清掃    
             
        封じ込め剤の散布(22P)    
             
        検査    
             
           
      養生シートの撤去    
           
      単管仮設の撤去    
           
      最終清掃   粉塵濃度測定
(作業完了後)
     
      石綿廃棄物搬出  
           
      施工記録作成    
           
      作業者の作業記録作成    
           
      完了    

ブローブバックを使用して除去する場合(一例)

看板等の表示     看板等の設置    
           
      事前清掃    
           
      足場及び立馬の設置    
           
      作業衣・呼吸用保護具の着用    
     
           
      除去面に封じ込め材の吹付    
           
      対象配管にグローブバッグ取付    
           
      石綿に湿潤剤の吹付   粉塵濃度測定
(処理作業中)
     
      アスベスト含有保温材の除去  
     
      除去された配管に封じ込め剤を吹付    
           
      石綿の袋詰め・搬出    
           
      石綿廃棄物の排出   施工完了の確認
     
      足場及び立馬の撤去  
           
      最終清掃    
           
      完了    

作業手順

(1) 施工区画の確認
(2) 準備作業
作業場内の移動可能な施設は場外に搬出しておく。
(3) 安全等の看板の掲示
作業着手前に、作業場入口に作業主任者及び作業内容を明記した看板を掲げる。
1-石綿作業主任者の氏名及びその業務
2-工事関係者以外の立入禁止
3-喫煙並びに飲食等の禁止
4-石綿処理作業中
5-石綿の人体に及ぼす作用・石綿取り扱い上の注意事項
(4) 作業前の清掃(事前清掃)
高性能真空掃除機(高性能フィルター付)等を用いて、作業前の清掃を行う。
(5) 仮設足場の準備
作業用仮設足場の準備
(6) 作業場の隔離
作業場からの他の一般環境への石綿粉じんの飛散を防止するために、除去面を除く床・壁面などの全部位をプラスチックシートにより隙間なく隔離・養生を行なう。
尚、プラスチックシートの床養生は(0.15mm厚さ以上)二重、壁・天井養生は(0.10mm厚さ以上)一重にする。
(7) 負圧集じん機の設置
HEPAフィルター付きの負圧集じん機を設置し、作業場内の気圧を負圧状態にし、作業場内に飛散する石綿粉じんの低減と一般環境への石綿粉じんの飛散を防止する。
(8) 負圧集じん機の管理計画
作業場内の負圧状態が適切に維持できるように、各フィルターを交換して、負圧集じん装置を運転管理する。(作業主任者が行なう。)
(9) 負圧状態の確認
負圧状況の確認は、養生シートが内部に膨らんでいる状態の確認、又、差圧計の設置にの場合は負圧状態を確認し、数値を記録に残しておく。
(10) 各フィルターの交換目安
フィルター交換の目安
@外側フィルター・・・・・・2時間ごと
@中間フィルター・・・・・24時間〈1日〉ごと
@内側〈HEPAフィルター〉・・・・・720時間ごと
(11) グロープバックの装着
対象配管に封じ込め剤を吹き、グローブバックを粘着テープ等により固定する。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の半面体マスクを着用する。
(12) グローブバッグの密閉状態チェック
装着したグロープバックに不備が無いかチェックする。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の半面体マスクを着用する。
(13) 作業員の作業衣・呼吸用保護具の着用
作業員は、粉じん等の汚れ及び二次汚染を防ぐため保護衣・保護手袋を着用する。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の全面形電動ファン付呼吸用マスク又は、半面体マスクを作業レベルに合った保護具を着用する。
作業員の保護具は保護具管理責任者が日々管理を行う。
(14) 湿潤剤(EPA-55)の使用
アスベスト含有保温材の撤去を行う前に、除去範囲のアスベスト含有保温材に噴霧器を利用して、湿潤剤(EPA-55)を充分に吹付、石綿を湿潤状態にし、アスペスト含有保温材除去時の作業場内の石綿粉じんの飛散を抑制する。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の保護マスクを着用する。
(15) アスベスト含有保温材の除去
アスベスト含有保温材をケレン棒・バール・ハンマー・ワイヤーブラシ等を使用して除去する。
(16) グローブバックを使用してのアスベスト含有保温材の除去
アスベスト含有保温材をケレン棒・バール・ハンマー・ワイヤーブラシ等を使用して撤去する。
撤去した後、グローブバッグ内の汚染された空気を真空掃除機により吸引する。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の半面体マスクを着用する。
(17) 封じ込め剤(22P)の使用
アスベスト含有保温材の除去面に、封じ込め剤(22P)を吹付し、残存石綿繊維を封じ込める。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の保護マスクを着用する。
(18) 廃石綿繊維の飛散防止化・搬出
廃石綿は、0.01m3程度にしてプラスチック袋に袋詰め二重にして、特別管理産業廃棄物として搬出する。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の保護マスクを着用する。
(19) アスベスト含有保温材の除去後のチェック
アスベスト含有保温材の撤去面に残存石綿が無いかチェックする。
作業員は呼吸器価値のため国家検定合格の保護マスクを着荊する。
(20) 作業場内の清掃
撤去した範囲の床に石綿廃棄物が残らないよう高性能真空掃除機(高性能フイルクー付)にて清掃を十分行う。
作業員は呼吸器保護のため国家検定合格の保護マスクを着用する。